代表者ご挨拶

 Windows95の登場により、インターネットがメジャーになって早や20年が経ちました。
 我々ベストパートナーも丁度このインターネット創生期に誕生し、
 IT業界が怒涛渦巻く中、たくさんのお客様に支えられ成長し現在20周年を迎えるに至っています。

 2011年、東北・北関東を中心とした痛ましい東日本大震災がありました。
 被災された皆様には遅れている復興が一日でも早く進み安らぎのある生活が出来ることを望んで止みません。
 現在では、「クラウドコンピューティング」を活用することにより、企業活動に致命的なダメージを与えない様な方法も取れ、これからも益々活用が進んでいくものと思われます。

 2020年の「東京オリンピック」開催に向け首都圏一極集中がより一層進んでいます。
 しかし、国や自治体が中心となって人口減に伴う地方衰退に対応すべく活性化を大いに進め、更に本気で地方創生に取り組んでいかなくてはならない時期となっていくでしょう。
 ITインフラやアプリケーションの活用など、ユーザーがより良い環境と使い勝手を得られるよう、私たちベストパートナーはエンドユーザーに一番身近な立場でサポートを「対人・対面」で行っていき24時間365日での運用保守サポートを日本全国で実施していきたいと考えています。
 ITを利用されるユーザーが存在する限り、当社のビジネスも存在し続けます。

 ベストパートナーの事業目標は、

「1.顧客第一」
「2.社会貢献」
「3.共存共栄」

 です。

 これを社員一丸となって目標とし、実践し続けることが重要だと考えます。

 より多くのITビジネスに関わりそれを下支えする社会的使命感を持ち全社員一丸となって今後も対応していく所存です。
 これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。


代表取締役  安藤 英仁(西田 英仁)